北海道立羽幌病院沿革

  • HOME »
  • 北海道立羽幌病院沿革
北海道立羽幌病院の沿革
昭和25年 5月 羽幌町立国民健康保険病院開設
昭和26年11月 町立羽幌病院と名称変更(一般36床)
昭和28年 8月 羽幌町より北海道に移管、北海道立羽幌病院開設(一般48床)
診療科目:内科、外科、小児科、産婦人科
昭和30年10月 改築工事完成
昭和31年 3月 診療開始  計54床(一般)
診療科目:内科、外科、産婦人科
昭和32年 2月 羽幌町立結核病棟を道立病院に併設
計104床(一般54床、結核50床)
昭和44年 4月 許可病床種別変更承認(結核病床32床を一般病床に変更)
計104床(一般86床、結核18床)
昭和45年 9月 一般病床2床増 計106床(一般88床、結核18床)
昭和50年10月 改築工事完成
昭和50年12月 旧病院より移転
診療科目:内科、外科、産婦人科、整形外科
地域センター病院の指定
昭和55年 3月 許可病床種別変更許可(結核病床18床を一般病床に変更、更に8床増)
病床数114床(一般)
昭和59年 4月 小児科標榜
昭和61年10月 眼科標榜
平成 2年12月 人工透析開始
平成 3年 9月 耳鼻いんこう科標榜
平成 9年 2月 救急告示認定
平成 9年 3月 二部透析開始(週3日)
平成10年 4月 医事業務民間委託化
平成10年 6月 小児科院外処方箋
平成11年 4月 内科院外処方箋発行開始(全科院外処方箋発行へ)
平成11年11月 薬剤管理指導料届出
平成12年 2月 入院時食事療法(I)特別管理加算届出
平成12年 4月 新看護(2:1看護料)届出
平成12年 8月 小児科外来診療料届出
平成14年10月 医療安全体制・褥瘡対策届出
平成15年 6月 医療法一部改正により「その他病床」から「一般病床」へ病床種別変更
平成17年 7月 旧病院より移転
平成18年 8月 (財)日本医療機能評価機構の病院機能評価V5認定
平成19年 6月 臨床研修協力型病院指定
平成23年 7月 病院機能評価(Ver6.0)認定

PAGETOP
Copyright © 羽幌病院 All Rights Reserved.